読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SSEAYP振り返り

SSEAYPが終わり2カ月経ちました。
昨日で報告会も終わり、大方43JPYとしての役割って終わったのかなという気持ちです。土日はずっとみんなといて、

みんなと集まれない気持ちがお気に入りのおもちゃを取り上げられた子どものように憤りみたいなものを感じています。

SSEAYP参加前に感じていたこと
YLSに参加者としてスタッフとして参加したことがあったから空気感はわかっているつもりだった。どんなプログラムなのかも知っていたつもりだったがそれは間違いだった。

志望動機
東南アジアの将来のリーダーたちと同じ時間を過ごしたい
船旅をしてみたい
頭の中で思い描くも形にできないことを実現してみたかった


準備期間中、メールやネットだけでの会話のつらさ
メールやネット環境だけのやり取りはかなり大変だった。何よりもスピードが出ないし、タイピングする煩雑さ、文字以外の表情などの情報が何もない状況、レスポンスの個人差。


船内は電波もつながらないとても静かで、目の前に集中できる環境。だらだら一緒に過ごせる代えがたい時間、小中学生みたいな友達と一緒にいないとヒマ、みたいな環境。ダンスでも恥ずかしがらずに踊れる人。プログラム以外にたくさんのフリータイムがあって、そこで人との仲良くなり具合が変わってくると感じた。

SSEAYP後、達成できたこと、得たこと
思いを形に変える作業は達成できたと思う。そこでの学びがたくさんあった、でも疲れた。あと東南アジアがより身近に感じられるようになり、友達がたくさんできたのは財産、人生の節目で会える存在で今後もありたい。


後輩に勧めるか、アドバイスあれば
参加できるチャンスがあるなら大いに勧める。でもその前にTOEFL100取得、楽器やダンスなど人前で披露できる何かを持っておくこと。英語ができるかできないかは本来そうであってはいけないんだけどチャンスだと思う。英語が上手な人たちは船上での重要な役割を占めていた。いいポジションを取ると人に知り合うチャンスも一気に増える。あと船内でできるだけ人と関わりたくないと思う人以外は舞台上で披露できる何かがあると絶対いい。舞台上で披露できる何かを持っていればそれが名刺代わりになるし、これまた一人でも多くのPYと仲良くなれるチャンスができるし、こんなのやらない?なんてお誘いがたくさんくる。

今後やりたいこと(仕事、遊びで)
PPAを成功させたい、持続可能な、一冊の本にできるまでに回数を重ねたい
年に一度はホテルなど占拠してJPYが一同に会する機会を作りたい
東南アジア全ての国を旅行してみんなに会いに行きたい