プログラミングを始めて1カ月弱...

プログラミングを始めると同時に専門学校に通い始め1カ月弱が経ちます。

なぜ専門学校という選択肢だったのか、学習の進め方などについて書きました。

 

社会人の僕の場合…

プログラミングを趣味として始めることはかなり労力を要した。

プログラミングはバグが出ると行き詰まる可能性があり、そこに陥れば楽しくない。

また実用的でなく、今後の人生に役立つまでに相当の時間を要する。

 

なので一人で始めるとかなり挫折する人が多い。

僕はJS、Pythonなど一念発起しようとしたがどれも挫折した経験があったので取り組み方を変える必要があることはわかっていた。

 

だから僕の場合は専門学校を選んだ。

同じ志を持つ人が集まり、理解度にばらつきがあるのでわからない箇所は教えてもらえる。またスクールに通い始めてわかったのだが、プログラマー業界は理解度が遅れている人にとても優しい。勉強会(通称もくもく会)など、できる人が率先して教えてあげる仕組みができているのが、素敵だし、気に入った一つでもある。

金額は30万円かかった。でも働く自分にとって目標を達成する三要素の時間と情熱が足りていなかった状況なので環境をお金で買うことは現時点でペイできているものと考えていている。

 

 

勉強の進め方について

 

まずわからない部分はググる

ググって進む内容ならそのまま進めればいい。

 

一方で完全手詰まりな内容。

ググったけどわからない、何時間も考えている、完全煮詰まった状態。

そんなときはプログラミングが嫌いになる前に人にコードを見てもらってどこが間違っているのか答えをもらったほうがいい。

 

そのために何人か自分よりできる人と仲良くなっておく、

定期的に顔を合わせられる場所に出入りする、

わからない箇所は記録しておく、

などはスムーズに学習を進めるにあたり必ず必要。

 

 

僕は立ち上がりの理解度がとても遅い。

適切にググることもできてなければ、いちいち意味を考えるタイプ。

 

基本プログラミングの勉強は孤独だ。

自走できる人ならググるだけで制作は進めていける。

 

だからこそよりレベルの高い制作に仕上げるには仲間との協働が必要になる。

肩身を寄せ同じ机でコードを書くも良し、わからない部分を質問するもよし、雑談するもよし、それぞれの仕事をやりつつ一定の時間が経過すると成果を見せ合うもよい。

 

 

自習方法について

 

課題でわからない箇所は潰す

プログラミング学習サイトなどで小さな成功体験を重ねる

解説付きソースコードを理解する

お手本コードを写経する

 

自転車、語学学習と似たものと考えています。

理論で頭でっかちになる学習スタイルではなく、手を動かし体で覚えるほうが適切です。そのために小さなところからできる部分を増やしていき、上手な人の作品を見てマネして、自分の能力のギャップを埋めていく。そんな作業が必要です。

 

またプログラミングを学習する上ではアイデアを出せる人、こんなものを作りたいと明確なビジョンを持っている人はより早く成長していくと思います。

Progateなど学習サイトで勉強を進め、あれも知ってる、これも知ってるでもいいのですが、目標がないと理想と現実のギャップが見えないから駆け上がっていく最短ルートが見えていない状態なんだと思います。

 

目標を立てる

進める、壁に当たる

ググる、教えてもらう

 

こんな制作サイクルなんでしょうが、一部同期は人に聞いてる様子もあまりなくググって完成までこぎ着ける人たちが一定数います。毎度感心しっぱなしです、自分も頑張らないと。

 

 

まとめ

 

専門学校に入って良かった。

教え合う仕組みが定着する世界、できない自分を教えてくれる先輩プログラマー、木張りの温かみがある施設、楽しそうに仕事する学校スタッフ、目標に向かうも社交的な同期、とてもいい環境に入れて感謝しています。

 

また全員が謙虚に学習する姿もとても気に入っています。

同期でもできる人、そこそこできる人、できない人の分類ができており僕は全くできない人。でもそこで自分なりに上記のように学習サイクルを見出したり、少しなりともプログラミングができ始めている、そして楽しいと感じ始めています。

 

今後は…

まずはググってわからない箇所を突破できる人になりたい。

自分ひとりでプログラミングを作れる自走できる人になりたい。

自作サービスを世に出したい。

チームを作ってより大きなサービスを提供したい。

仕事の場所を選ばない人になりたい。