資産形成の方程式

社会人になり4年目になりました。

これまで労働時間の対価って少ないし、海外旅行に行けないほどに休み取れないことに常々不満を抱き、労働時間の減、可処分時間の増加、収入の増加を目指して今日までせっせと資産形成に挑戦してきました。

 

で、確実に言えることがあるのでここでメモしときます。

まず方程式は、

資産形成の方程式=収入-支出+(資産×運用利回り)

 

です。

サラリーマンである以上、収入から支出を差し引いた額が利益で、それがイコール資産、資産を運用した際の利回りの結果の総額が自身の資産になります。

 

で僕が痛感したことが資産形成が収入−支出できっちりプラスを一定額計上していかないと資産は作れないということです。

書き表すと月並みに当たり前になっちゃいました。

 

それで僕は月収に対して定率貯金を繰り返していました。

ボーナスはそんなに使う予定もないのでほぼ貯金に回しました。

そんな資産に回っていくお金を使って自己投資をしたり、株を買ったりして今も奮闘しています。

 

要するに定率貯金を淡々と何年もできないことには収入を増やそうとすることも、運用利回りを上げようとしても失敗する確率が大なのです。

 

①定率貯金

②→運用利回り上げる

③→収入上げる

 

という流れが王道かと思います。

僕は定率貯金がそれなりにできるようになったので現在は②と③に挑戦しています。

暁には資産収入、1カ月くらいの長期休暇が確保できるようになると僕は文句言いません!