読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石の上にも三年

会社勤めをしていると、それまで自分を奮い立たせていた言葉に疑問を抱くようになってきた。

例えば、

石の上にも三年

仕事は工夫しろ

苦労は買ってでもしろ

 

など。

仕事は工夫しろ、なんて一理あるかもしれないがつまんない仕事や、どう頑張ってもムリゲーな業務を若手が押し付けられて自分の責任にさせられるような雰囲気漂うのが寒気する。

僕的には不可能な仕事は垂れ流して周りの応援を集めるのがいいかなと最近感じている。

 

石の上にも三年ってのもどこから湧いてきた言葉なんだろう。

3年も仕事していれば慣れる、先輩の愛のムチの回数も減ってきて自分のペースで仕事を回せるようになってきて、後輩もそこそこ入ってきて慕われて、給料も少しづつでも上がっていっている。

でもその頃には仕事へのやりがいなんて感覚は麻痺し始めて、学生の頃何に熱をあげていたかなんて思い出せなくなってくる。不感症みたいな何の感動もない日々を過ごしてやがて結婚し、子どもができたら今のそれなりに安定している仕事でいい、いやこれがいいと考え始め晴れて企業の一員になる。

 

やがて家庭を持ち、いつからか妻や子どもから愛想を尽かされていても恨まないで。

だってお父さんつまんないんだから。

 

サラリーマンをしていると自己啓発的に言われる言葉って実は企業の支配者層が作り出した言葉なのかもしれない、と考える節も出てきた。