印象に残ってる英語勉強法

l  基礎を作る、穴をなくす

目標は文章を読めるようになるくらい。基礎本を一冊終わらす程度で問題ないと思う。

独学の場合はくじけないように、教室など先生や仲間など環境を作って勉強する人は早い人のペースに流されてわからない部分をなおざりにしてしまってはいくら頑張っても成長できないからわからない箇所は一歩下がってもいいから必ず潰すようにしよう。

 

l  文法はマスターしておく

単語をマスターするより文法をマスターしたほうが絶対に有益。並び替えて応用が利くし、単語も都度補充して組み合わせていけばいいだけ。例文は暗唱できるようにしておこう。

 

l  英日訳を照らし合わせながら読む

母国語と外国語の言い回しの違いや、ちょっとした違いなどまとまった参考書などがないニュアンスの問題はこの勉強法がとてもいい。マネしたいフレーズなどは暗唱できるようになっておいたほうがいい。

 

l  感情のこもったスピーチの暗唱

言葉は文字と話す人の情熱で成り立つんだ、と思えるようになった勉強法。

キング牧師オバマ大統領など感情のこもったスピーチは細かな表現もやかりやすいし、暗唱しやすい。大きな声で暗唱できるようになろう。

 

 

l  頭一つ難しい試験にチャレンジする

定期的にペースメーカーとして試験勉強もやっていきたい。

試験のための勉強といえど学びは山ほどある。目標を持って理想の自分に足りない部分を洗い出していこう。

 

 

 

結局のところ、外国語の習得方法は上手な人から盗むことと暗記の2つしかないと思っている。つらく、長い道のりかもしれないがそれは工夫次第で和らぎもするのでとにかく道半ば辞めないでほしい。自転車に乗るようなもので、一度英語を話す感覚を身につけてしまうとその感覚は忘れなくなるし、何よりも自由が広がる。違う人種と話せるという刺激、全能感、新しい知識が入ってくるのを一度味わうと癖になってしまう。

 

僕の大学生活以降の大半は英語と少しの勇気でできているといっても過言でない。

英語が僕の人生を変えた、あの頃苦手な英語を勉強する決断をした自分をほめてあげたい。

時々あの頃英語の勉強をしないでいたり、途中で挫折してしまっていたらと考える。

 

僕の人生は6割引きでつまらないものになっていただろうと思っている。

今でよかった話

悪いことは今起きてよかった、と思えばいい。

今が一番リスクが少ない、これ以降は右肩上がりによくなっていくし、将来悪いことがいいことと重なっていた場合悔しいじゃないか。

 

僕の上司は楽観的なモノの見方の持ち主である。

普段からよくこんな言葉を言っており、悲観的な見方をしがちな自分にとって目からうろこな考え方だった。

マイナスのスパイラルに一度入ると次々に悪いことを考えてしまう性格の僕は上司の考え方を真似するよう意識し始めた。

 

例えば

仕事帰りにスーパーで買い物をし、玄関の前で鍵がないことに気づく。

この時に今日は残業がなくてよかったとか、他の用事が控えてなくて、今でよかったと考えるようにした。そうしたら気分はずいぶんと楽になった。

 

悪いことが起こった時には今起こってよかったと思うようにしている。

今後より重要なこと、大切なことが控えているだろうから。

国際交流よりも国内交流を、国内交流よりも人格内交流を

先日ある官庁が主催する国際交流事業の選考のために最終選考を兼ねた事前合宿に参加してきた。

39人という、自分で言うのも何だが少数精鋭なチームだった。

5泊6日の合宿、一人ひとりの能力はとても高く、参加していて寝るのも惜しいくらいに楽しかった。

 

そう、全体では参加して本当に良かったと思っている。
しかしいくつか疑問に思う点もできたのであえて書き表しておきたい。かなり殴り書きだけど。

 

  • お伺い主義

階級のないフラットな39人が集まったものだから会社の上司のように全員の合意は取れていなくても半ば強制的に進めていく人が育たない。だから自己紹介本や名刺など必要な物品制作のために色んな係決めをしたのに、全員の合意を取るためにいちいち全員で多数決を取り、20%の反対意見を80%の時間を費やし癒やそうとする。

社会人経験を少しは経てきたからか、このプロセスはとても時間を浪費し、かつ費用対効果の少ない時間だったと思う。いや、社会人経験を経ていなくても辟易としていたかもしれない。

 

事業概要の説明の際、壮行会でのかつての事業参加者が壇上に立ち挨拶をする時、事業終了後の活動組織紹介の説明をする時、、

必ず主催官庁の名前が出てくる。いかにも由緒正しい事業だと言わんばかりに、だから社会的地位も高いものだと言わんばかりに。

またこの事業は歴史が長く、かつて皇族が僕らと同じように事業に参加していた過去がある。それは素晴らしいことかもしれない。

でもその皇族と同じ代で事業に参加していた人たちは必ずその皇族の方のエピソードを交え当時を振り返る。何だ、あんたらの思い出はその皇族と一緒に事業に参加しただけか、と言いそうになる。

もっと自分オリジナルな経験を語るべきだと思うのに。僕の年の功が足りないだけなのだろうか。

 

  • 本物の日本代表はここには少ない

研修中とやかく僕たちは日本代表と言われた。僕たちの中でも日本代表なんだ、と意気込む気持ちはあるんだと思う。僕たちの代表団の先頭の人はナショナルリーダーなんて呼ばれる立場。

でも本当の日本代表ってこんなところにいるのだろうか、とよく考えてしまう。

確かに僕らは日の丸を背負って旅立つ、しかし何も専門性を持ち合わせていない人たちの集まりだ。サッカー日本代表でも何でもない。本当の日本代表はここにはいないとよく考えてしまう。

 

  • 自己負担の謎

よく研修中に言われたのが、僕が参加するこの事業には6億円の税金が投入されるのだという。きっと僕らはたくさんの人たちから愛され余計なことを考えずに自分のやりたいことに邁進して育ってきた贅沢な人間たちの集まりなんだろう。

事業中には国際交流事業と言われるだけに踊りなどの出し物、民族衣装を着るなど衣装替えが頻発する。また複数の外国を回るのでお土産も必要だったりする。それらは結構僕らが自腹を払うことが多い。

別に無駄使いをするわけではない。研修中もいてもいなくてもいいような官庁の職員が何人も後ろに座っていた。そんな人たちにも給料は支給されるし、この事業も何かとムダが多かったように思う。

そんな巧妙な無駄使いの税金の垂れ流しがあるのに僕らは十数万円を自己負担し、民間外交に勤しむのだろう。

 

  • 踏襲されない過去 過去<参加者の学び

とにかく人材育成事業だからなのか、自分たちで考え、議論し、形にしていく時間がとても多い。だから議論が紛糾することもあり、時間がどんどん流れていく状況もある。何よりこれから経験する予定の交流プログラムが全て講義形式で口頭で伝えられていく。正直何十年も続いているのだからビデオ一本見せたら全体の理解度の底上げになるだろうにそれはしない。僕にとって時間がもったいなく感じる瞬間だった。

 

 

批判終わり

息抜きしろよ

事務所にやってきた一年目の後輩。
配属当初は簡単な作業を任されていて時間にかなり余裕があったようなのだが、最近は業務が増えてきたようでお疲れ気味だった。

また彼はパソコンの操作が苦手で業務にミスが頻発することも悩んでいた。

僕は彼にこう伝えた。

息抜きをこまめにすること
他の人が出来て自分が出来ない出自の違いなどをあげつらうことをやめること

会社の周囲をぐるっと一周歩くだけでも気分が軽やかになる、ジュースを飲みに行くでもいい。もしジュース買うお金がないのなら自分を呼べばいい、と言った。

企業で活躍する人たちに共通して言えることはすべからく息抜き(ずる休み)をする方法を持っているというところだと思う。

例えば喘息を持っている人は「すみません、今日喘息がひどくて」なんて気分が乗らない日には休んじゃえばいい。
子どもがいる人は子どものせいにして半休を取ってもいいと思う。

一人欠けたところで組織は止まらないし、もしそのように考えない人は驕りだと思う。本当に業務が止まるのなら自営業の人以外は仕組みを見直したほうがいいと思う。

組織のために自分が犠牲になるなんて馬鹿げた話だし、そうなってしまってからでは会社は助けてくれない。切り捨て、もしくはお金で精算しようとする。その方が後腐れなく済むからだ。

また彼に僕の一年目の頃はどうだったか聞かれ、同じように苦戦したと伝えた。彼はパソコンは初めから得意が聞いた。僕はそうではなかったと言った。

でも彼は僕が初めからパソコンが得意な人という固定観念を持っていただろうから、これまで育ってきた環境の違いをあげつらってできない理由にするな。環境に一度置かれたらやるしかないんだ、と伝えた。

かっこいいこと言ってるがこれは間違いなく今プログラミングができていない自分に対しての言葉でもあった。

彼はきっと伸びる、これからどんどん活躍する。そんな彼がメンターの違いなどで潰れてほしくない。だから壁にぶち当たって時間だけが過ぎていく状況ならそっと壁の壊し方を教えてあげてもいいと思った。僕もそんな壁の経験があったし、自分の言葉で伝えたげられると思ったのだ。

彼は暑苦しく、先輩風吹かした言い方と感じたかもしれない。

でもこれまでの経験を自分の復習も込めて話せたのはいい経験だった。

プログラミングを始めて1カ月弱...

プログラミングを始めると同時に専門学校に通い始め1カ月弱が経ちます。

なぜ専門学校という選択肢だったのか、学習の進め方などについて書きました。

 

社会人の僕の場合…

プログラミングを趣味として始めることはかなり労力を要した。

プログラミングはバグが出ると行き詰まる可能性があり、そこに陥れば楽しくない。

また実用的でなく、今後の人生に役立つまでに相当の時間を要する。

 

なので一人で始めるとかなり挫折する人が多い。

僕はJS、Pythonなど一念発起しようとしたがどれも挫折した経験があったので取り組み方を変える必要があることはわかっていた。

 

だから僕の場合は専門学校を選んだ。

同じ志を持つ人が集まり、理解度にばらつきがあるのでわからない箇所は教えてもらえる。またスクールに通い始めてわかったのだが、プログラマー業界は理解度が遅れている人にとても優しい。勉強会(通称もくもく会)など、できる人が率先して教えてあげる仕組みができているのが、素敵だし、気に入った一つでもある。

金額は30万円かかった。でも働く自分にとって目標を達成する三要素の時間と情熱が足りていなかった状況なので環境をお金で買うことは現時点でペイできているものと考えていている。

 

 

勉強の進め方について

 

まずわからない部分はググる

ググって進む内容ならそのまま進めればいい。

 

一方で完全手詰まりな内容。

ググったけどわからない、何時間も考えている、完全煮詰まった状態。

そんなときはプログラミングが嫌いになる前に人にコードを見てもらってどこが間違っているのか答えをもらったほうがいい。

 

そのために何人か自分よりできる人と仲良くなっておく、

定期的に顔を合わせられる場所に出入りする、

わからない箇所は記録しておく、

などはスムーズに学習を進めるにあたり必ず必要。

 

 

僕は立ち上がりの理解度がとても遅い。

適切にググることもできてなければ、いちいち意味を考えるタイプ。

 

基本プログラミングの勉強は孤独だ。

自走できる人ならググるだけで制作は進めていける。

 

だからこそよりレベルの高い制作に仕上げるには仲間との協働が必要になる。

肩身を寄せ同じ机でコードを書くも良し、わからない部分を質問するもよし、雑談するもよし、それぞれの仕事をやりつつ一定の時間が経過すると成果を見せ合うもよい。

 

 

自習方法について

 

課題でわからない箇所は潰す

プログラミング学習サイトなどで小さな成功体験を重ねる

解説付きソースコードを理解する

お手本コードを写経する

 

自転車、語学学習と似たものと考えています。

理論で頭でっかちになる学習スタイルではなく、手を動かし体で覚えるほうが適切です。そのために小さなところからできる部分を増やしていき、上手な人の作品を見てマネして、自分の能力のギャップを埋めていく。そんな作業が必要です。

 

またプログラミングを学習する上ではアイデアを出せる人、こんなものを作りたいと明確なビジョンを持っている人はより早く成長していくと思います。

Progateなど学習サイトで勉強を進め、あれも知ってる、これも知ってるでもいいのですが、目標がないと理想と現実のギャップが見えないから駆け上がっていく最短ルートが見えていない状態なんだと思います。

 

目標を立てる

進める、壁に当たる

ググる、教えてもらう

 

こんな制作サイクルなんでしょうが、一部同期は人に聞いてる様子もあまりなくググって完成までこぎ着ける人たちが一定数います。毎度感心しっぱなしです、自分も頑張らないと。

 

 

まとめ

 

専門学校に入って良かった。

教え合う仕組みが定着する世界、できない自分を教えてくれる先輩プログラマー、木張りの温かみがある施設、楽しそうに仕事する学校スタッフ、目標に向かうも社交的な同期、とてもいい環境に入れて感謝しています。

 

また全員が謙虚に学習する姿もとても気に入っています。

同期でもできる人、そこそこできる人、できない人の分類ができており僕は全くできない人。でもそこで自分なりに上記のように学習サイクルを見出したり、少しなりともプログラミングができ始めている、そして楽しいと感じ始めています。

 

今後は…

まずはググってわからない箇所を突破できる人になりたい。

自分ひとりでプログラミングを作れる自走できる人になりたい。

自作サービスを世に出したい。

チームを作ってより大きなサービスを提供したい。

仕事の場所を選ばない人になりたい。

株についての反省会 その2

売りどき、その基準について

10%以上沈むと再浮揚してくるまで時間がかかる、肌感では8%越えたらもう10%の下げとそんなに変わらない。だから売る基準を作るとしたら8%下げたらだと思う。

輸出企業にとって円高は死活問題。ざっくり言うと企業が設定した為替レートより円高になると売上が減る、売上が減ると利益が減る、という悪循環。輸出割合が大きい企業は重要な問題。投資したい企業が輸出で商売している企業なら輸出が全体の売上の何割を占めているのか、また売上を稼いでいるのは世界のどの地域なのか、工場は日本なのか、現地なのか。例えば欧州に強い自動車メーカーなら英国のEU離脱問題はポンドの価値が下がる見込みのもと資金がポンドから逃げていき、その金が円買いに流れる。また英国の個人消費が弱くなるとこの自動車メーカーにとってはダブルパンチ。

以前株を持っていたシュッピンはチャート的には揉み合いからの上っ放れな形だったので買ってみた。数日後に株価は10%を越えて下落。原因を探っているとどうやら6月売上が減少し、株価下落につながっていたようだ。マクロのニュースを押さえておくのはもちろんだが、保有している個別銘柄の月次収支、決算、その他ニュースも確実に押さえておきたいところだ。

 

 

世界を4分割

安く買い、高く売る。

買いの基本は暴落した底値で売られすぎた株を買う、もしくは見つけた瞬間が最安値。ボビー・オロゴンが株やっているようで世界を北米、欧州、日本、新興国の4つのパートに分けて投資をしているらしい。景気のいい市場には資金が流れこむ、規制緩和や減税などいいニュースが出た市場にはこれまた資金が動く。というように資金という生き物は常にいい材料を嗅ぎまわっているらしく、これより先回りして株を買っておくのがボビー・オロゴンのやり方らしい。それができたら苦労はしないんだけど、シンプルに説明されていてよかった。

マクロは国単位、国内だと個別銘柄のニュースキャッチは早いに越したことはない。

ニュースを読むのはめっちゃ大切、でもニュース記事を書いた人が原因を的確に指摘しているかは別問題。参議院選挙前の日経平均のぐずつきをイタリアの銀行の不良債権のせいにしていたニュース記事があった。確かに火種になるかもしれないけどどこかしっくり来なかった。参議院選挙終了後の週明けの日経平均の動きを見てやっとあのニュース記事の推測は間違いだと思えた。

 

これからも損は出ると思う、でもやがて少なくなる

才能がある、なんて言われている内は初心者。そもそも人に才能の有無なんて判断させてはいけない。才能で片付けられないほど長く腰を据えようと思っている。

ボビー・オロゴンがこれまたいいこと言ってた。貧乏の時でも投資を辞めずに彼は少額でも投資を続けるんだってさ。金持ちの時でも、貧乏の時でも適度に資金をマーケットに晒しておけばそれなりに金について勉強する。それが大切なんだって。

僕は含み損をたくさん持ってる。でも根拠はないけど今後から大きくマイナスは出ることはないと思っている。マクロのレイヤーでもミクロのレイヤーでも少しづつ見るべきポイントがわかってきているから。

ぼちぼちやろうと思う。

 

 

英語を勉強して良かったこと 箇条書き編

もとは高校の頃友人Kくんがオーストラリアに留学へ行き、何かかっこいいなと思ったのがきっかけだったかもしれない。

大学に入り、4年間もの長い時間を何に使おうかと考えた時苦手だった英語がいいかもしれないと思った。

 

> 香港に行ったこと

この前ブログにしました。読んでみてください。

 

> タイとベトナムバックパッカーしに行ったこと

近々記事にしたいと思います。

 

> TOEFL受けて惨敗したこと

初めて受験したTOEFLは惨敗もいいとこでした。スピーキングのテストなんて指でコードをくるくるしてました。それくらい理解できなかった当時を振り返ると少しは成長できたのかもしれません。

 

> 交換留学目指したこと

大学の交換留学は結局できませんでした。バカって金かかるな、ってこの時痛感しました。でも大きな目標にアタックを続けていたから当時腐らずにいれたのかもしれません。

 

> 国際部を通したたくさんの友達ができたこと

もし英語の勉強をしていなければ大学生活は本当につまらないものになっていたと思います。クラブも入っていなかったし、できる友達は学部が一緒で名前の順が近い人たちの薄いつながりしかできなかったことでしょう。

 

> アイダホへ留学できたこと

ブログ記事にしようと思います。

 

> YLSに参加できたこと

初めて参加した学外のイベント。都内の大学生たちと触れ合え、日本もまだまだ知らないことがたくさんあるなと感じたというか、自分が井の中の蛙だったと知れた4日間でした。YLSは興味ある方はググッてみてください。

 

> 今の彼女に会えたこと

彼女に会えてまた1つ世界が広がり、こんな素晴らしい女性に出会えたことは僕の自慢かもしれません。ありがとう、英語、って感じです。

 

こんなとこですが、何か大半が辛酸なめたような思い出だし、記録たどっていけばいい思い出もたくさん見つかるのかもしれない。

 

でも大学4年間英語に捧げたなんて言う割には英語に割いた時間が少し少ない気がするな。まあそれは今後の改善事項ってことで☆